このページの目次を開く

主婦でもお金を借りれます

主婦でもパートやアルバイトをしている場合、安定した収入があると判断されますのでキャッシングすることが可能です。

専業主婦の場合は夫に安定した収入があることが条件となりますが、審査に通ればお金を借りることができます。
なお、キャッシングの情報は厳重に管理されており、夫にバレることはありませんのでご安心ください。

人気の専業主婦向けキャッシング

数あるキャッシングの中でも、専業主婦でも借りられて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

  1. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

※パートやアルバイト等で収入がある方は、30日間無利息キャンペーンを行っているプロミスもおすすめです。

お役立ち情報

総量規制対象外の銀行から借りる

日ごろ家計を預かる主婦にとって、悩みのタネとなるのが予想外の出費ではないでしょうか?

家賃や光熱費などの固定費は毎月の出費ですし、ある程度「この位かな」という予想がつきますが、
冠婚葬祭やご主人の急な接待など、予想が難しいものがありますよね。

給料日までの1週間だけでもお金を借りることができれば助かるし
やりくりも楽になるのに・・・そんなことを考えている人はきっと多いはずです。

そして、近年は総量規制の導入により、収入のない専業主婦がキャッシングを利用する際には、
配偶者の同意書や収入証明書を提出するところがほとんどです。

しかし、銀行からの借入は総量規制の対象にはなりません

つまり、専業主婦であっても銀行からであればお金を借りることができるのです。
最近のキャッシングは非常に利用しやすく、初めての方に向けたサービスも充実しています。

例えば、返済に関して不安がある場合には月々の返済金額、返済期間などを
シミュレーションすることができるページを設けているサイトもあります。

週末までちょっとお金が足りない……週を開けたらすぐに返せるのにといった経験が1度でもあるならば、
手元にカードローンを1枚持っておくととても便利ですよ。

低金利で借入できる銀行系ローン

どうせお金を借りるなら、少しでも金利が低いほうが良いと思うのは当然です。

ローン会社のために、高い金利を払おうという人なんていませんよね。
そして、金利が低いといえば銀行系のローン会社です。

銀行系のカードローンは他社より圧倒的に金利が低く、限度額も高めに設定されています。

最初から300万円などの融資を受けるのは当然無理ですが、
少額から初めて返済を続けていけば、限度額も増える可能性はあります。

よって、銀行系のローン会社で実績をつけて限度額を増やしていくのが、一番賢いお金の借り方と言えます。

女性スタッフがいい場合

レディースローンは対応するスタッフが全員女性ですので、男性が対応した時に受ける威圧感を受けなくて済みます

それに、女性に限定することでより女性の立場に立ったサポートをしています。
主婦の方が感じる、「こうしてくれたら助かるのに」ということを、レディースローンでは積極的に取り入れています。

また、レディースローンは一般のローンよりも主婦の審査が緩くなる傾向があります。

もし気になる方は、プロミスのレディースローンをのぞいてみてください。

よくある質問

キャッシングローンとはどういったものですか?

キャッシングローンというのは、個人を対象として金融機関が行う小口融資の事を意味します。

使用目的は基本的に自由となっており、保証人や担保などは必要としない現金での借入れの事です。
キャッシングと一口に言ってもそれには、消費者金融・信販系・銀行系のキャッシング(ローン)が存在しています。

こういったところからの融資を希望する場合には、基本的には必ず審査が必要となります。

しかしキャッシング(ローン)の場合には、この審査に要する時間が早く、
即日融資にも対応してくれる業者も多いのが特徴となっています。

色々な理由から、急に手元に現金が必要となった際などにはとても便利なものとなっています。

専業主婦ですが、お金を借りることは可能ですか?

パートやアルバイトなどをしている兼業主婦とは違って、収入が全くない専業主婦の方であってもお金を借りる事は実は可能です。

毎月頑張って家計をやりくりしていても、様々な理由から急な出費が必要となる事があります。
これを貯金やへそくりで補う事ができず、一時的にお金を借りなくてはいけない場合も出てきます。

現在では法律の改正に伴い、専業主婦が利用する事ができるキャッシング(ローン)は
かなり限られてしまっていますが、それでも大丈夫なものもあります。

具体的にどこで専業主婦がお金を借りられますか?

2010年に貸金業法が改正された際に、”総量規制”というものが導入されました。

これにより、個人での借入れの可能額が年収の1/3までに制限されます。
ここでの”借入れ”というのは、クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者からのものを指しています。

そのせいで、大手の消費者金融のほとんどで、専業主婦のように収入がない人が申込みをする事は不可能となりました。

しかし、2つだけですが例外があるのです。1つ目は、 ”配偶者貸付”で、2つ目が、”銀行のローン”です。

専業主婦で収入がない場合には、銀行のローンが利用できます。

さらにご主人である配偶者の方に安定した収入がある場合には、
配偶者貸付を取り扱っている金融業者のローンも利用する事ができるようになります。

銀行から借り入れする場合には、総量規制の対象外となっています。

専業主婦がお金を借りるのに審査はありますか?

収入のない専業主婦がお金を借りる訳ですから、審査は必要です。

”配偶者貸付”を行っている金融会社では、配偶者の同意書や婚姻証明書などが必要となる為、かなり面倒な物となります。
また配偶者に内緒で行う場合には、ほぼ不可能となります。しかし銀行系のキャッシング(ローン)の場合には、

審査対象にはなりますが、「在籍確認」は携帯電話でも可能ですので、バレずに行う事が可能です。

この際に、配偶者の勤務先などに電話がいってしまう事もないので安心です。

専業主婦におすすめのキャッシングは何ですか?

専業主婦が利用できるキャッシングでおすすめなものとしては、 銀行系と信販系のキャッシングカードを作る事です。

配偶者であるご主人に一定以上の収入さえあれば、専業主婦であっても、これらのキャッシングカードを作る事ができます。
もちろん審査がありますので、これに通過する必要はあります。

入会金や年会費が無料のカードであれば、持っていても費用は掛からないのでおすすめです。

一般的には、クレジットカードの中に既にキャッシング枠が付帯されている場合が多いです。
提携ATMも数多く設置されているので、すぐに利用したい時には便利です。

銀行系のキャッシングには、メガバンクと呼ばれるものからネットバンクまでと色々な業態のものがありますが、
総量規制の対象外ですので、収入のない専業主婦であっても配偶者に安定した収入があれば利用できるためおすすめです。

できるだけ低い金利でお金を借りたいのですが?

収入のない専業主婦がキャッシングローンを利用したい場合には、銀行系で申し込みをして借入れするのが一番おすすめです。

配偶者に安定した収入がある事が条件にはなりますが、審査さえ通過できれば、お金を借りる事が可能です。

しかも銀行系の特徴として挙げられるのは、低金利で借入れができるという事と、
総量規制の対象外となっているため、借りやすく、かつ比較的返済もしやすいという点です。

大手の信販系や消費者金融系と比べてみても、金利がかなり低くなっているのでお得であると言えます。

銀行系のキャッシングローンの審査は厳しいですか?

銀行系でキャッシングローンを申し込む場合には、世間一般的にはその審査は厳しいなどと言われている事も多いようですが、最近ではどこの金融業者で借入れをする場合であっても、審査基準に関してはそれほど大きな差はない事がほとんどのようです。

しかし借入れを申し込む際に、 配偶者であるご主人の収入が安定していなかったり、勤続年数がまだ浅くて短い、個人信用情報に債務整理や延滞といった情報が既に記載されてしまっているなどのケースでは、審査を通過する事は殆ど不可能と考えておく方が良いでしょう。

専業主婦のローンに利用可能限度額はありますか?

一般的に専業主婦には安定した毎月の収入がないため、高額での貸付は難しいのが現実です。

銀行系のキャッシングローンでは、その殆どが30万円までとなっており、
それ以上の金額を借入れをしたい場合であれば、各々の銀行の審査基準によることとなります。

あと少しだけ借りたいという場合であっても、最初の利用可能額の枠内が決まってしまった以降では、
それ以上の融資の希望を申し込んだとしても、ほぼ無理であると考えておいた方が良いでしょう。

専業主婦の場合ですと、 例え増額ができたとしても、その最高金額はおおむねで50万円です。

審査に旦那への説明に…お金を借りるまでに最も苦労したポイントは?

専業主婦の場合、消費者金融には総量規制が適用されているため、配偶者の同意書無しで借り入れすることはできません。

銀行の場合は法律で決まっているわけではありませんが、ほとんどの場合で同意書が必要になります。
また、家計の収入が少ない場合は借りられる金額が少なくなってしまいます。

このように、専業主婦がキャシングをするときには、何かと苦労がつきものです。

今回は、全国の主婦の方へのアンケート調査によって、
お金を借りるまでにもっとも苦労したことは何か教えていただきました。

実際にお金を借りるまでに最も苦労した点はどこですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:借入先の選択・・・35%
  • 2位:夫への説明~了承・・・32%
  • 3位:審査書類の準備・・・18
  • 4位:融資を受けるまでのつなぎ・・・11%
  • 5位:その他・・・4%

1位:借入先の選択

  • 旦那に知られないようにするため、貸してくれる会社を調べるのがめんどうでした。(三重県・31歳・女性)
  • 夫には内緒で借り入れしたかったので、夫の職場に在籍確認がいかないという確約してくれる借り入れ先を探すため、一社ごとに電話で問い合わせしたのが大変でした。(神奈川県・49歳・女性)
  • 主人には内緒にしていたので、守秘義務を謳っている会社を選びました。(茨城県・49歳・女性)
  • 初めてお金を借りたので、どの借入先が一番安心かを選ぶのに苦労しました。ネットの口コミを比較し、最終的に決定しました。(静岡県・25歳・女性)
  • よく怖い話なんかを聞くので、本当に信用できる業者かどうか見極めるのが難しかったです。(大阪府・32歳・女性)
  • どこのキャッシングがお得で信頼できるか見極めるのに時間がかかった。(福岡県・31歳・女性)

もっとも苦労している方が多かったのは、借入先にどこを選ぶかということでした。

旦那さんに内緒で借りたいという方も多く、秘密を守ってくれるところを探すのに苦労があるようです。
また、後でトラブルになるのを避けるため、信頼できる借入先を選びたいという意見もありました。

2位:夫への説明~了承

  • 後でバレると夫が怒ることは確実だったので、あらかじめ話をしましたが、説得するまで大変でした。(三重県・37歳・女性)
  • 夫にお金の使い道について納得させることに苦労した。(福岡県・39歳・女性)
  • 主人にどんな風に話しを切り出し、なんと説明していいか悩みました。(愛知県・43歳・女性)

旦那さんへ説明して、了解を得るのに苦労したという方もたくさんいました。

中には配偶者に内緒で借りる方もいますが、発覚したときに喧嘩にならないようにと事前に説明しておく方もいます。
とはいえ、理由を話してもなかなか納得してもらえない傾向にあるようです。

3位:審査書類の準備

  • 受付時に何枚も書類を用意して提出しなければいけなかったので、面倒に感じてしまいました。(東京都・27歳・女性)
  • 書類を集めるのに数週間かかったので、その時間を作るのが大変でした(京都府・32歳・女性)
  • 書類の内容が分かりにくく、揃えるのに苦労しました(宮城県・34歳・女性)

3位は書類を揃えるのが大変だったという意見です。

借り入れをするには、源泉徴収票・住民税決定通知書・給与明細書・確定申告書・所得証明書といった書類を集めなければなりません。

中には、全て揃えるのに数週間かかったという方もいました。

最後のまとめ

専業主婦が借り入れをする際には、適切な借入先を調べたり、旦那さんに了承をとったり、
書類の準備をしたりと様々な苦労があることが分かりました。

中でも、主婦ならではの問題として、旦那さんの了承を得なければならない点が挙げられます。

専業主婦の場合は、配偶者の同意がないとほとんどの金融機関で借り入れができません。

また、自宅にカードが送られてきたり、本人確認の電話がかかってきたりというように
旦那さんにバレてしまうきっかけは多々あります。

後になって秘密で借り入れしたことが発覚するとトラブルになる可能性が高いため、
できるだけ旦那さんには事前に相談しておいた方が安心です。

キャッシングを利用するまでには大変なこともありますが、すみやかにお金が必要になったときにはとても便利です。

どうしても困ったときには利用してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ